東京のタクシー会社に転職しても稼ぐのは難しいのか??

タクシー会社は全国にありますが、地域によって平均的な収入には差があります。基本的にはタクシーの需要が高い地域ほど、運転手の平均年収も高くなる傾向があります。東京都は全ての都道府県の中で最も人口が多くて、人口密度も一番高い地域です。地価が高い為に自動車を保有しても維持コストが高い上に、商業室やオフィスにも駐車場が完備されていないケースが多いです。その代わり東京近郊は公共交通機関が発達していて、主な交通手段が電車やバスなどの公共交通機関だという人が多いです。その分だけお酒を飲んだ時や目的地の近くに駅が無かったりした時に、タクシーを利用したいというニーズも少なくないです。それだけに転職先として東京のタクシー会社は魅力があります。

タクシー運転手の給与形態は会社によって違いはあるものの、歩合給が絡んでくる事が殆どです。基本給に歩合給を加えるような給与形態の会社もあれば、完全歩合制の会社もあります。完全歩合の会社の方が成果をあげればあげるほど報酬として、対価を受け取りやすいです。しかし基本給と言うものが存在しないので、成果を出せなければ極端に収入が減る事もあります。歩合給はあるものの基本給と合わせた形態になっている会社も殆どの場合で、基本給自体にも個人の売り上げが関係してくるので、基本給がある場合でもどちらかと言うと完全歩合に近いと言えます。それでも完全歩合の会社よりも基本給が設定されていると、比較的給与が安定しやすいです。歩合の条件など細かい条件はタクシー会社によって違うので、転職する時は事前にしっかり把握するべきです。

タクシー需要が高い東京ならば高い給与を稼ぐのが簡単かと言うと、そうではなく市場が大きい地域でも成果を出すのは難しいものです。そのため東京のタクシー会社に転職して、運転手をすれば簡単に稼げるという考えを持って転職活動をするのは良くないです。東京都内では中心地から少し離れた場所でも、タクシーの需要はあるので顧客を獲得できる場所エリアは広いです。その中でも駅の周辺には特に人が集まりますし、様々な施設があるのでタクシーの運転手にとっても絶好の集客エリアです。ただし競争率も高いので、工夫をして集客をしないと上手く顧客を獲得できません。駅ごとに傾向があって、集客しやすい方法が違います。さらに同じ場所でも時間帯によって傾向が異なるので、それぞれの場所の特性を理解して柔軟に営業する必要があります。

カテゴリー: タクシー パーマリンク