東京でタクシーの乗務員に転職したときの現実

東京は世界の中でも活気のある都市と言えます。そこで働くと言うことは、かなりやる気を見せないと難しいのが現実です。タクシーの乗務員にとってもその状況は同じで、気軽に転職してしまうと現実とのギャップに驚くことになります。

タクシーの乗務員はただでさえ、長時間労働や給与が安いと言うことで人気のない職業と言えます。乗務時間は7時間と他の職業と比べてもあまり変わりはありませんが、現実には準備の時間や引き継ぎの時間など乗務以外の業務が多いことが問題です。また歩合制の場合が多く、効率が悪い人はなかなか収入が増えない状況に陥ります。東京で働く人の多くが仕事の効率化を求められて、ストレスを抱えることが多く、それを理由に転職することがあります。これらは東京のタクシー乗務員が他の都市と比べて特別と言うわけではありません。残念ながらタクシー乗務員は、特に効率を求められる職業なので注意が必要です。

逆を言えば、効率を考えれば収入を得やすい職業とも言えます。集客に合わせて収入をあげることができるので、努力が報われやすい環境です。顧客のニーズを使うことが必要とされる営業では当たり前のことですが、提供できるサービス自体が輸送であり、それ以上の要求が求められることがありません。しっかりと目的地まで送ることができれば、決まった金額を得ることができます。つまり効率こそが最も重要視される要因です。東京ではそれが達成しやすく、ノウハウを得ることで、はっきりと収入が増えて行くはずです。競争相手も多い状況ですが、顧客自体がタクシーを選ぶことは稀であり、同じ評価をしていることが、有利に働きます。つまり効率を追い求めることで収入が増やせる単純なシステムが構築されています。

転職先としてタクシーの乗務員を選ぶなら、東京は最適な条件の都市と言えます。多くの人が短距離で移動することやどの時間帯も顧客がいなくなることがないと言うのもメリットの一つです。ただし受け身の姿勢では、それを有効に扱うことができないため、ただただ長時間の労働で疲弊してしまいます。

タクシードライバーは転職先として考える場合、他にないからと言った消極的な理由では過酷な労働条件が待っています。自分を向上させる機会と捉えられれば、それだけ報われることになります。何をすべきか考えること、それを実践する行動力があること、それらを継続する意志があることが条件となります。

カテゴリー: タクシー パーマリンク