東京でタクシードライバーへ転職するデメリットとは

東京でのタクシードライバーへの転職は、業界が人材不足なので採用されやすいことや、歩合制でより多く稼げるといったメリットも多いのですが、一方でデメリットもあります。1つ目に挙げられるデメリットは、「交通事故のリスクがある」ということです。車を運転する仕事なので、当然のことながらオフィスで仕事をするより交通事故のリスクは増えてしまいます。それに一日中運転を続けていると、疲れたり集中力が低下したりして、より事故を起こしやすくなってしまうということも言えるでしょう。ですので疲れたときは適度に休憩を取ることが大切ですし、体調が悪い時は仕事量を減らしたり、休んだりすることも重要です。また、万が一人身事故を起こしてしまった場合は、被害者に対して賠償をしなければならなくなります。そのため、転職の際の会社選びでは、事故補償をしっかりしてくれる会社かどうかということを事前によく調べておくことが必要です。

東京でタクシードライバーへ転職するデメリットとして2つ目に挙げられるのは、「客とトラブルが起きるリスクがある」ということです。ほとんどの場合、丁寧な対応をしていればそれほど問題はないのですが、たまに酔っ払いや質の悪い客もいるため、注意する必要があります。特に東京の夜の歓楽街などで客を乗せる場合は、トラブルを起こしやすい客も多くなると考えられるので、より気を付けておくべきです。

東京でタクシードライバーへ転職するデメリットとして3つ目に挙げられるのは、「給与が歩合制なので、人によっては稼げない場合がある」ということです。歩合制とは、仕事の成果によって給与が変わるという仕組みであり、この業界では歩合制を採用しているところが多いと言えます。この歩合制は、頑張った分だけ収入が増えるというメリットがあるのですが、逆に仕事が出来なければ収入が低くなってしまうというデメリットもあるのです。しかし、基本給に歩合制をプラスするという給与体系の会社であれば、仕事量に関わらず最低限の収入は確保することができるため、不安がある場合はそうした会社を選ぶのもよいと言えます。

東京でタクシードライバーへ転職するデメリットとして4つ目に挙げられるのは、「勤務時間が不規則になってしまう」ということです。この業種では、1日に20時間程度勤務して次の日に休むという隔日勤務が一般的なので、生活のリズムが不規則になりがちです。そのため、慣れるまではキツイかもしれませんが、しっかりと休憩を取るなどのケアをすることで、こうした働き方にも慣れることができます。

カテゴリー: タクシー パーマリンク