東京タクシーに転職して月収50万稼ぐのは十分可能

東京はタクシーの需要が高いエリアなのは確かです。世界有数の経済規模をもち、昼夜の人口移動も激しいため公共交通機関では交通需要をカバーしきれない部分があるからです。このような交通事情を背景に東京では転職先にタクシードライバーと言うのはかねてより人気のある職種です。とはいっても具体的にどれほどのお金を稼ぐことが出来るのか、具体的イメージをもつことが出来るでしょうか。仮に東京でタクシー会社に就職して、ドライバーに転職すると月収50万円を稼ぐことが可能、という話を聞いたら信じることが出来ないかもしれません。ところが実際には東京のタクシードライバーの中では月収50万円を稼ぐと言う方は、決して特別な存在ではないわけです。年収600万円を超えるお金を稼ぐことが可能な理由をご紹介します。

そもそも東京タクシードライバーのなかで月収50万円を稼ぐ人の存在が疑問視されるのは、彼らが特に声高に喧伝する行動にでることがないからです。月収50万円といえば東京では平均年収に近い金額で、地方圏では高給取りの部類に入る収入です。月収50万円稼ぐ東京タクシードライバーは、不満がないし常に仕事をしているから焦点が当たることがありません。プライベートの時間は自分の趣味なり自由気ままに時をつかうなどの生活をしているので、人の目に触れる機会が少ないと言うのが現実なのです。東京でタクシー運転手で転職することのメリットは、1日仕事をして1日休み、おまけに週に連休があり毎月一回三連休があるなど、ワークライフバランスを取ることが容易な点があります。確かに勤務形態が特殊で1月あたり17日ほど休日がある反面、一回あたりの勤務時間は20時間ほどになります。そのなかに3時間の休憩を確保する必要があるので、うまくペース配分をすることが求められます。

それでは東京タクシー運転手で、月収50万稼ぐために必要なものはなにかが問題になります。まず必要なのはある程度の体力です。1回あたりの勤務時間は20時間程度を想定する必要があるので体力勝負の側面は否定できません。そしてお客様を見つける力も必須です。東京でタクシー運転手で50万円稼ぐのに必要な「力」とは情報をいかに獲得するかに尽きます。具体的には優良な会社の目利きと、売上アップするためのノウハウの獲得、の点にかかっています。東京でタクシー運転手としては、時間帯により異なる表情を見せる町並みの変化を敏感に感じ取り、エリアごとにお客様が多い場所を押さえておくことが重要になります。

カテゴリー: タクシー パーマリンク