カジノジャンボリーでは初回ボーナスがないため自由度が存在

カジノジャンボリーは、2013年からジパンググループから提供された3番目のオンラインカジノで、プレイテックのソフトウェアでゲームを行います。グラフィックやサウンドなどの面でも臨場感が溢れる形で運営を行っており、また第三者機関の監視により公平なゲーム性を追求している特徴があります。
カジノジャンボリーでは、初回ボーナスやプロモーションが一切存在せず、その分だけ賭けたり出金したりする場合の条件がないため、自由にプレイできる点で優れています。オンラインカジノをプレイする目的は人それぞれですが、カジノジャンボリーでは賭け金を入金して、その賭け金を活用してゲームを行い、儲かったらあっさり出金するという上級者向けの利用方法をすることが可能です。
そういったシンプル性が受けており、しかもオンラインカジノで定評のあるジパンググループ運営としてファン層の広がりもみせています。

オンラインカジノを始める上では、初心者の方が多いため、できる限り慣れる様にボーナスを特典として付与する仕組みを採用していることが多いです。ただボーナスを受け取った場合の条件が気になる方も多く、プレイしたいゲームができない制約を受けてしまうケースもあります。
こうした制約を受けることは、ユーザーからすると迷いにも繋がり、うまく賭けたりすることも出来なかったりすることも多いです。自由に制約を一切受けずに、またゲームで勝利をした場合の配当自体も即座に引き出して使うなどしたいというニーズもあります。
もちろんオンラインカジノでも選択でボーナスを受けない様にすることも出来ますが、それなら初回ボーナスやプロモーションが存在しないカジノジャンボリーの様なオンラインカジノがあっても良いです。初回の特典がブームとなっていますが、そのブームに乗らないのがカジノジャンボリーの魅力になっています。

【徹底解説】オンラインカジノの仕組みとおすすめソフトウェア4選 

カジノジャンボリーは、プロモーションやボーナスを受けない形でゲームをプレイすることができますが、一つだけ注意点があります。それは国際的な資金の流れでは、マネーロンダリングとしてオンラインカジノが使われてしまう懸念があることです。
例えば入金を自由に行い、ゲームを一切プレイしないで出金をするとなると資金の流れを複雑化させる目的で利用される恐れがあります。犯罪で得た資金をマネーロンダリングされると資金の流れの把握がしづらくなります。
そのため注意点としては、必ず入金した同額分を賭け金として使用して、その後に出金の手続きを行う必要があります。ゲームではゲームや賭け方にも寄りますが、総ての資金を小刻みで賭けて行けば、必ず勝利したり的中したりして配当が貰えるはずです。
積もり積もれば入金額分だけ賭けを行っても入金額以上になりやすく、容易に出金することができるレベルまで達します。

カテゴリー: カジノ パーマリンク