カジノ依存症にならないために

あまりにもカジノにハマりすぎて、気がつくと自覚症状の無いまま、依存症になっている人がいます。借金はどんどんと膨らんでいくばかりだというのに、どうしてやめる事が出来ないのでしょうか。
カジノなどのギャンブルに依存してしまう人は、なんと日本人の5人に1人だと言われています。ものすごく負け続けていて、勝てる見込みは無いというのにも関わらず、次こそは大きい当たりが来るのではないかという考えが脳裏をよぎり、どんどんとお金をつぎ込んでいくのが特徴です。家族や周りの友人にも迷惑を掛けているという事は解っていても、それでもギャンブルをやめる事が出来ません。ところが、カジノ依存症は、正しい治療を長期的に行えば、回復が見込める病気です。本気で治したいという人は、正しい治療法と注意点を理解するようにしましょう。

カジノの還元率は高い?ギャンブルやFX・海外のカジノの還元率を徹底比較

カジノ依存症は、自分の意思ひとつで簡単にやめられるものではありません。そのため、ちょっとの間通うのをやめたとしても、非常に再発率が高く、厄介な病気だと言われています。そのため、治療において最も重要となるのが、ギャンブルをやめることを諦めない事、そして、やめることをきちんと継続する事となります。
最初のうちは、何度も失敗をして、ついついカジノに手を伸ばしてしまう事でしょう。ですが、そこでやめられなかったからと言って、諦めてしまうのではなく、その体験を同じ病気を抱えている人たちに正直に話す事も大切です。そうする事で、周りと一緒に、頑張ろうという意識が芽生えてくるようになり、かなりの時間は掛かるでしょうが、確実に依存から断ち切る事ができるようになります。もちろん、そのためには家族や周りの友人の協力も不可欠になります。

カジノ依存症を断ち切るためには、家族の協力が大切です。そのため、まずはギャンブル依存とは一体何なのかと言うのを、きちんと理解するようにしましょう。本人の意思さえあれば、やめられるはずだという考えは間違えですし、そういって本人を責めてしまいますと、かえって悪化する可能性が高くなりますので、注意が必要です。
また、本人のためを思ってと、借金の肩代わりをしてしまう人もいますが、これもよくありません。お金を本人に貸したりすると、かえって依存率を高めてしまいます。お金は出さないけれども、やめるために一緒に考えていこうという意思は、きちんと本人に伝えてあげて、寄り添う姿勢を見せてあげましょう。カジノはものすごく楽しいですし、やっている間はお金のことなんて考えないですよね。ですが、はまりすぎてしまう事で、依存症になるリスクがあるということを忘れないようにしましょう。

カテゴリー: カジノ パーマリンク