ir

日本においても議論が進んでいるカジノ推進ですが、日本国内においてはカジノに行ったことがあるという方が少数派になりますので、実際にどのような経営スタイルなのか分からないという方も少なくありません。未だにマフィアが多く暗躍しているのではないかというイメージや、ギャンブルに対するネガティブな印象を持っている方も少なくありません。しかし、実際は現在運営をしているのはマフィアではなく立派な企業になります。ラスベガスにおいても、その他の国や地域においても、国の厳しい監視や審査、財務状況などの基準をクリアした優良企業でなければ運営権を取得することが出来ません。経営環境にマフィアなどの存在が疑われる企業は国が運営権を任せないという判断を下しますので、その点でじゃクリーンな経営がされていると言えます。

カジノは今や民間だけではなく、国営でも運営がされる時代です。よく知られたところではフィリピンにおいては現状全てのカジノは国営です。政府主導でも導入を進める背景にはそれだけ有力な観光資源を創生することが出来るというメリットがあります。雇用の創出はもちろん、観光客誘致により得ることが出来る収入は魅力的です。また、最近の潮流としてカジノホテルなどの誘致はもちろんのこと、irと呼ばれる統合型リゾートを運営する経営スタイルが一般的になっています。ギャンブルとして切り離すことなく、家族連れでも楽しめるような一つの娯楽としてカジノを位置づけることで、ギャンブル目当ての観光客以外にも魅力を感じてもらうことが出来ます。ラスねガスでも子供向けの水族館などが整備され、親子で楽しめる観光地として知られるようになっています。

irで成功を収めた例として近年真っ先に上げられるのがシンガポールです。国際会議場、ショッピングセンター、そしてカジノホテルを建設し、豪華でおしゃれなスポットを整備することで、観光客を呼び寄せることに成功しています。日本でも導入が検討されているのはこのir型のカジノリゾートです。大型の商業施設やショッピングセンターなどを整備することで、より幅広い世代の方に来てもらう機会を創出することが出来る上に、雇用の面でも多くの新規雇用者を生むことが期待出来ます。財政状況に危機感を持っている地方にとっても、大規模開発になりますので、地域の起爆剤になることが期待出来ます。irを導入することにより、向上的に観光客に来てもらう地盤が出来上がる可能性がありますので、地方の財政安定に一役買うことが期待出来ます。

オンラインカジノの最新情報はこちらを確認ください。

カテゴリー: カジノ パーマリンク