カジノがある国は非常に多い

日本は賭博が法律によって禁止されているということもあり、お金を賭けて遊ぶことができるカジノはありません。
あるにしてもお金のかかっていないカジノ風のアミューズメント施設かお金がかかっているのは、反社会的勢力が闇で密かに行っている非合法の賭場なので、一般人には縁のない話となります。
そのため、日本人のイメージとしてはカジノというのは危険な場所というものがあり、カジノがある国も治安面で不安があるのではと思っている人も少なくありません。
実際にはカジノがある国が治安が悪いということもなければ、危険な場所ということもなくむしろしっかりと管理をされているだけあって、安全性は高いものとなっています。
賭博が違法であることから、どうしてもネガティブな印象を持ってしまいがちですが、決して悪いものでも危険なものでもないのです。

カジノがある国というのは、世界中でも数多く様々な国で運営をされています。
ラスベガスで有名なアメリカは一部の州を除いて合法となっていますし、アメリカの隣のカナダも一部の地域を除いて認められています。
イギリスはギャンブル大国であることから当然カジノがあり、フランスやイタリアといった欧州の主要都市では必ずあるほどです。
アジアでも日本の隣の国の韓国で遊ぶことができるので、日本から賭け事を楽しみたいという時には韓国まで出かける人も少なくありません。
まさか、こんな国にもと思えるような場所としては南アフリカ共和国があり、治安があまり良くないとされる地域にも賭け事を楽しむことができる施設はあります。

ベラジョンカジノで遊べる全種類のポーカーを徹底調査してみた

もちろん、日本と同じように禁止をされている国も少なくないのですが、認められている国も少なくありません。

なぜ、世界中にこのような場所がたくさんあるのかというと、外貨の獲得を目的として作られているということがあります。
例えば韓国がこの例にあたり、外貨の獲得を目的としているだけに現地の人は基本的に立ち入ることができません。
現地の人が立ち入ることができないということは、外国人向けに運営をしているということであり、外貨の獲得を目的としているということになります。
次にその地域に住んでいる人の所得を考えると、気軽に立ち入ることができず、実質は観光客向けになっているというケースもあります。
現地の人では気軽に遊ぶことができないぐらいのレートの場合には、入場が許されていても実質遊ぶことができませんから、このような場合にはやはり自国の人間ではなく海外の人間をターゲットとして運営されていることになるのです。

カテゴリー: カジノ パーマリンク