ランディングページの制作の手順と要とは?

ランディングページ最適化(LPO)は、ホームページのコンバージョン率をアップするためのWebマーケティングの1つの方法です。国民の8割以上がインターネットに繋がる時代を迎え、Web業界は今非常に活況を呈しています。殆ど全ての企業がホームページを持つようになり、競争は激化する一方です。そのためどこの企業でも緻密なWebマーケティングに取り組み始めています。Webマーケティングには、検索エンジン最適化(SEO)やコンテンツSEO、リスティング広告、SNS広告、アフィリエイト広告、アドネットワーク広告など多様な手法があり、LPOや入力フォーム最適化(EFO)、メールマガジンやステップメール、Web接客なども含みます。

ランディングページとは、ユーザーが検索や広告などを介して自社サイトに初めて接するページとして用意されるものです。第一印象は非常に重要であり潜在客を顧客とする大チャンスです。ところがランディングページで離脱してしまう割合は半数以上とも言われており、この値を出来るだけ低く抑える必要があるのです。

ランディングページ制作は、そもそもの大もととなるWebマーケティングの中の1つのパーツと位置付けられます。その為にはまずは自社のWebマーケティングについて明確な企画を構築する必要があります。最も初めに行うべきは顧客のターゲティング化です。かつてのテレビCMのように不特定多数の相手に同じ内容の広告を流すのは非効率的です。またリスティング広告のようにクリック課金型広告(ppc)の手法が広く普及した現代においては、ターゲットを明確にした広告の提供が費用対効果の上で不可欠です。自社のターゲットとして最も標準的な属性を備えた顧客像、つまりペルソナを設定するのは今や常識と言えるでしょう。

次いで重要なのは自社にとって象徴的なキーワードの選定です。キーワードはサイト内の全てのページ作成に関わる重要な要因です。キーワードを洗い出し、それらを組み合わせて、いかなる検索にも対応できるようなコンテンツを作成する必要があるからです。大手検索サイトの検索システムは、ユーザーにとっても価値のあるコンテンツを検索リストの上位に表示したいと考えています。いくらタイトルや説明文などでアピールを行っても、検索ロボットが重要視するのはコンテンツなのです。もしユーザーの検索に、タイトルや説明文がマッチしていないと検索ロボットが判断すると、それらを無視してコンテンツから抜粋を行います。キーワードとそれに合ったコンテンツを作る事が非常に重要になっているのです。

自社分析では、自社の強みや弱みを把握し、競合企業との比較分析をすることも有効です。どこをポイントにして力を入れていくかを決めることで効率的な戦略を打ち出せるようになります。サイト内回遊率のアップもコンバージョン率アップに多大な影響を及ぼします。サイト内回遊率を上げるためにはサイト内の全体図を設計し、各ページの連携をきちんと整えて、自然でストレスの無い導線を組み上げていくことが求められます。最終的には商品ページに誘導することが目標であり、ランディングページを商品ページとすることも有効です。

ランディングページ制作の要は何と言ってもここに至るまでの準備段階にあると言えるでしょう。Webマーケティングの方針が決まっていれば、ランディングページの方向付けも自ずと決まります。近年ランディングページ制作では、まず第一にワイヤーフレームを作るのが通例です。ワイヤーフレームは言ってみればページの設計図です。デザインやコピーといった部品を作る前に制作され、スタッフの共通意識をまとめるのに役立ちます。ボタンの位置やレイアウト、カラム数やコンテンツの配置などを決めていきます。近年ではワイヤーフレームを作るためのアプリも出てきています。ワイヤーフレームに基づいてデザインやキャッチコピーなどを決めていきます。それが終わったらいよいよコーディングです。コーディングは検索ロボットに認知されやすいように記述することが重要です。これを内部SEOと呼び、alt属性、タイトルタグ、メタディスクリプション、見出しなどに配慮する必要があります。サイトのトップディレクトリにXMLファイルを記述しておけば、検索ロボットはサイト内のページをより認識しやすくなるでしょう。

ランディングページはじめホームページ制作を行った後は、運用をしっかり行うことが非常に重要です。運用によって蓄積したデータを解析して、改善ポイントを見つけましょう。ランディングページでは、何パターンかのページを運用してみて効果を比較する手法が良く使われます。またターゲット層の変わる時間帯に合わせて、ページを変える方法も行われています。このように運用後に分析を重ねて改善を繰り返すことこそが、ホームページを成功に導く方法なのです。

最新投稿