売れるランディングページを制作する手順とツールの活用

ネット広告の一種として、ランディングページがありますが、これは主に消費者に対して商品を宣伝し、ページの最後の方に購入出来るサイトへと誘導する仕組みになっている物であり、一ページ構成となっています。内容は、商品の紹介や商品を使った場合の効果、商品を使っているユーザーの感想、そして、商品の販売価格やキャンペーン情報です。制作ツールは、WebサイトやWebアプリケーションを構築する際に使われる統合開発環境やテキストエディタ、画像編集ソフトがあれば制作していく事が出来ます。チーム開発をするのであれば、制作ファイルを共有出来るようにする為に、チーム開発がしやすい機能が搭載されている物を選ぶ事になります。

ランディングページを使って商品購入サイトへ誘導をする必要がありますので、ランディングページは一般的なWebページとは違って、ストーリーを組み立てます。最初に、どのような商品であるのかを商品画像と派手な演出で消費者に見せます。この時に、価格やキャッチコピーを一緒に掲載しておく事で、一目でどのような商品の宣伝であるのかが分かります。
最初の段階で興味を持った消費者の購買意欲を増す為には、消費者が興味を持つ商品を使った際の効果から説明していきます。具体的にグラフや図を掲載する事によって、商品の効果が如何に高いかを示す事が出来ます。その後に、商品を作るのに使われた材料に関する情報を記載していきます。具体的に原材料の機能や成分などを記述し、写真や絵でどのような物であるのかを描いておきますと、消費者はイメージがしやすくなります。
そして、実際に商品を使った消費者にインタビューをしたり、アンケートをしたりした結果の内容をレビューという形で紹介します。このレビューはある程度の数があれば良いですが、1件だけでは説得力に掛けますので、複数のレビューを掲載する事が必要です。

ランディングページの露出を高めるには、検索エンジンへの最適化を図ります。アクセス解析ツールなどで検索されたキーワードなどを調べる事ができ、ランディングページをより魅力的なものにする為に、解析したキーワードを使ってコンテンツの内容を充実させていきます。同じ内容で表現や構成が異なるいくつかのランディングページを用意し、検索結果の良い方だけを残すABテストなどを実施する事で、宣伝効果が高いランディングページを作る事が出来ます。ランディングページは、ストーリー性が大切であり、ストーリーに合わせて商品を宣伝していくようにする事で売れるページ作りが行えます。