ランディングページを制作するなら相場を知っておこう

ランディングページとは、商品やサービスの見込み客に対して詳細な情報を伝えるためのウェブページです。「LP」という略称が使用されることもあります。アクセスした見込み客が注文(予約)をしたり、問い合わせをしたりすることを目的としているウェブページです。一般的なウェブページとの違いは、ランディングページはウェブ上の広告を見て、それをクリックした人がアクセスするページになっています。また、1ページに豊富な情報を詰めこんでいて、複数のページに分割しないのもランディングページの特徴です。

ランディングページを制作するにはどのようにしたらよいのでしょうか。自分ですべてを編集・設計できれば予算はほとんど必要としませんが、これはなかなか難しいことです。ほとんどの場合は、ウェブページ制作のノウハウを持っている人を雇うか、外部の制作会社に依頼する方法が選ばれます。ウェブデザイナーは個人事業主として活動している人も少なくないので、依頼先の候補はたくさん見つかるはずです。最終的に外部の人間に制作を依頼することを決めたなら、必ず複数の見積もりをとってください。同じ依頼内容でも要求される報酬はかなり差があります。ランディングページの場合、安くても10万円ほどかかるのが相場といわれていますが、金額設定は流動的です。ページを制作するだけなのか、公開後のメンテナンスも含めるのかなど、いろいろな要素で金額は変わります。

十分な予算を確保できない場合、「できるだけ安く作りたい」という気持ちが強くなるかもしれません。そんなときでも、相場より安い見積もりを提示したところに飛びつくのはおすすめしません。ランディングページのクオリティによって注文や問い合わせの数が大きく変わるので、満足できるページができそうなのかしっかりと見極めましょう。打ち合わせの回数が少なかったり、修正依頼に応じることを渋るような業者はあまりおすすめできません。

納得できるランディングページを完成させるためにも、作業の大半を業者に任せるのではなく、ある程度は自分で作業を行うとよいでしょう。ウェブページをデザイン・構築するには専門的な知識が必要ですが、商品やサービスの説明文については自分でも用意できるはずです。商品やサービスの写真を撮影するときは必ず現場に立ち会って、写真のクオリティをチェックしましょう。商品の魅力を一番理解しているのは依頼主ですから、アピールポイントをまとめておくことも大切です。