スマートフォン向けの売れるランディングページを制作するには

企業がオンラインショップで商品を売れるようにするには、商品の魅力を消費者に伝えていく必要があります。その宣伝手段として、多くの企業が活用しているのがランディングページです。ランディングページは、一つのページだけで構成されている宣伝ページであり、その目的は消費者が企業の商品やサービスの魅力を知り、購買意欲を高める事です。PC向けのサイトは、様々なギミックを用意する事ができ、多彩な表現が行えますが、PC向けのランディングページとスマートフォン向けの物とは同じデザインで出来るところが、通常のWebサイトやSNS、Webアプリケーションとは異なる点です。

スマートフォンユーザーはパソコンユーザーよりも多く存在しており、その為、スマートフォン向けの宣伝ページを用意しておく事は、商品やサービスを購入したり、利用したりする顧客を増やしていくのに欠かせない事です。スマートフォン向けのランディングページを制作する手順としては、基本的なHTMLで構成されたテンプレートを作り、それにコンテンツを加えていきます。テンプレートには、検索エンジンへの最適化策を施す事が一般的になっています。このようにしておく事で、コンテンツの内容が変わってもSEO対策を新規に施す手間を省けます。コンテンツは、文章と図や画像で構成していきますが、図や画像は消費者が原材料や製品の効果・効能を視覚的に理解出来る物を用意しておきます。これらを文章コンテンツの流れに応じて活用していき、適切に組み込んでいきます。

スマートフォン向けのランディングページは、ストーリー性を持たせながら、商品やサービスが売れるようにしていく必要があります。消費者の購買意欲を高めるには、実際に商品やサービスを利用した事がある人々の感想などを盛り込んでいく事が効果的です。制作では、レスポンシブデザインにしておく事を意識します。このようにしておく事でPC向けのソースコードと共有する事ができ、新たにスマートフォン専用のソースコードを書く必要が無くなりますので、デザインやレイアウト、コンテンツ内容に集中させて作業を行えます。メンテナンスもしやすくなり、CSSと分離させる事でHTMLソースコードを変更せずにCSSのみの変更でデザインを自在に変えられます。文章コンテンツは、キーワードを中心にして文章を組み立てていきますが、最初に消費者が興味を持つような表現をしておかなければ、最後まで読んでもらえませんので、最初のつかみを工夫すると良いでしょう。