ランディングページの制作手順とおすすめソフト

ランディングページを制作する時、ワイヤーフレームの構築やイラスト制作、写真加工、レイアウト、コーディングとステップがありますが、役立つソフトウェアが多数あるので、それらを使い分けて行けば、より効率的にきれいなページを作ることが可能です。
まず、ランディングページを作る際には、ワイヤーフレームを構築し、レイアウトの基礎をつくるが最初のステップですが、ここではパワーポイントが使われることが少なくありません。
手書きの方も少なくはありませんが、パワーポイントならば綺麗で簡単に仕上がり、修正も楽です。
ワイヤーフレームに適した機能拡張も行えるので、この点も見逃せないメリット。
ワイヤーフレームはページのユーザービリティや見やすさと言った品質面を決めるのにとても大切な要素ですから、綺麗に仕上げられるツールを利用するのがおすすめです。
次に、ランディングページで使うイラストや写真の作成、加工にはグラフィックソフトを用います。
イラスト制作はイラストレーターを用いるときれいに仕上がります。
簡単なイラスト程度ならば、教則本を買って練習すれば書ける様になりますので、イラストレーターは持っておいても損はないでしょう。
写真加工やイラストの補正などでは、フォトショップなどのフォトレタッチ系の存在は欠かせません。
プロが撮った写真でも、1つのページに並べると明るさなどはマチマチですから、バランスを取るために補正は必要になります。
サイズ拡大や切り抜き、文字入れ加工などの必須作業もフォトレタッチで可能です。
使う材料がある程度揃ったら、実際にレイアウトして、確認していきます。
フォトレタッチ系ではレイアウトを作るのにも適しているので、ワイヤーフレームを読み込み、ここに加工した写真やイラストを組み込んでいきます。
また、サンプルの文章を打ち込み、全体的なバランスを確認するのも、レイアウトの段階では大切です。
レイアウトをチェックしたら、後はコーディングしていきます。
コーディングでも専用のソフトを使えば、プログラムをサポートしてくれますから、全て手打ちよりも短時間で仕上げることが可能です。
また、画像レイアウトなどを元に、自動でコーディングしてくれるソフトも有るので、こちらを利用するのも良いでしょう。
ランディングページを作る時のソフトウェアは沢山有るので、自身の目的に適したものを探していきましょう。