ランディングページの制作費の相場と費用対効果について

ランディングページとは、商品やサービスを少しでも多く売り上げることを目的とするサイトです。言い換えれば、そのランディングページの中で1つの事業を行っているとも言えます。事業を行うとなると、何としても黒字を達成したいところです。黒字を達成するためにはできるだけコストを抑え、売り上げを伸ばすことがポイントとなるのは言うまでもありません。そして、ランディングページの制作費は少しでも抑えたいと考えることでしょう。そこで、ランディングページ制作の費用感、つまり相場を知っておくことで、コスト感覚を養っておきましょう。

インターネット上にはホームページ制作会社の広告が多数見られます。最近では価格競争が激しくなっていることから、10万円を切るような価格のところが当たり前になってきています。中にはなんと5万円を切るような価格をアピールしている制作会社もあるほどです。その一方で、一部の広告会社などでは50万円、100万円というような価格設定をしているところも見られます。両者の違いは何かと言いますと、マーケティング調査のスキルの有無や、制作後のアフターサービス、コンバージョン率を確実に高める実績やノウハウといったところにあると言えます。しかし、わずか1ページのランディングページをつくる場合に、50万円や100万円をかけるのは今時常識的ではありません。その反面、10万円以下で成果が出るのかというと、未知数な部分もあります。現在のところ、ランディングページの制作費の相場は20万~30万程度と言われています。したがって、これを基準とした業者選びが基本となるでしょう。

さて、上記のようにランディングページの制作費は業者によってばらつきがあります。先ほど述べたとおり、業者を相場に基づいて選ぶ方法もありますが、費用対効果を基準に選定する方法もあります。例えば、リスティング広告に多額の費用をかけている状況ならば、ランディングページの制作もしっかりと行うべきです。この場合は、相場よりも高いコストをかけても良いと言えます。また、商品やサービスの価格を高めに設定しているケースや、粗利率が高い場合でも同様のことが言えます。なぜなら、これらの場合は、コンバージョン率が少し上がるだけでも利益へとつながるからです。